チューンナップ&ドレスアップ

淡路島Go!カート:Xカート(公道用ゴーカート)チューンナップ&ドレスアップX-Kartは 4馬力の 50cc原付エンジン!

リミッターを解除すれば 60km/h以上は出ますが、登坂路となればスピードダウン。

でも、ご安心を!!

弊社では基本となるノーマルチューン、ミディアムチューン、フルチューン、ドレスアップオプションをご用意、販売・装備サービスしております。

多少組合せにより選択できないものもありますが、基本的にどの項目のどのオプションを選ぶのは自由です。

お気軽にご相談下さい。

 

もちろんご自身で車両を組み立てることも可能ですが、基本的に弊社が提供している一切のオプションをご自分で装備・調整することは出来ません。

 

特にドレスアップオプションのF型フロントウイングやF型フロントパネルの装着には、ボール盤、板金技術、経験(本部品取付け)が必要となります。

また、F型フロントパネルを装着した場合には、ノーマルのヘッドライトとメーターも外し、

オリジナルのコンソールパネルを装着する必要がありますので、ドレスアップオプションをお選びの際は必ずご確認下さい。

 


ノーマルチューンナップ

ノーマルチューンナップは、国内製プーリーキット(DAYTONA製)への換装を行います。

これにより、最高時速約50km/h程度から約65km/hに!!

淡路島Go!カート:Xカート(公道用ゴーカート)ノーマルチューンナップ Xカート(公道用ゴーカート)のノーマルチューンナップ 部品/名称 車両組立 弊社整備士が部品検査、組立、走行試験や各部調整を行うサービス。 ガソリン、2サイクル・ルーブリカウント補助サービス、梱包資材廃棄を含む。リミッター解除 国内製プーリーキット(DAYTONA製)に換装する事により最高速度約50㎞/h規制が解除される。  最高速約65㎞/hだが、高速化チューンにより効果を発揮する。振動防止板 エンジンや路面からの振動を大幅に軽減。  サスのないX-kartには必需品。 LED後方警告灯 オリジナルの実用性あるドレスアップ品。 後方車両に対して存在感をアピールし、特に夜間に本領発揮。 ノーマルチューンは皆様に安心してドライブして頂く為に提供するサービスです。 経験を積んだ整備士による組立、リミッター解除等の部品を組んだ後の走行試験等を提供させて頂いております。

つまり納車時にナンバーさえ登録してあればすぐに乗れる状態にする為の基本オプションです。

またこのオプションのみで購入された後でも、そこで終りと云う訳ではなく、いくらでもチューンが可能ですのでご安心を!!

リミッター解除の場合、最高速度は約65km/h。 「ホンダ・スーパーカブ」と同等の性能とお考え下さい。 登坂路では40km/h程まで速度が落ちる場合がございますので予めご了承下さい。

 


ミディアムチューンナップ

ノーマルパワーでは物足りない! と云う方にお勧め。 特にチャンバーで出力に差が出ます。 前項「ノーマルチューン」がベースとなります。

 

 

淡路島Go!カート:Xカート(公道用ゴーカート)ミディアムチューンナップ Malossi レッド・スポンジ イタリア二輪部品メーカーの双璧、Malossi社のレッドスポンジ。 空気流入効率アップ! 吸気効率を上げ、レスポンスをよりシャープにします。 エンジンやキャブレター・チューンを施するならばセットで!! ノーマル仕様車装備の場合、キャブレターのメインジェット番数を#1~4番上げなければならない場合があります。 換装後走行試験を行いプラグの焼けを確認しながらメインジェットを交換。 (要メインジェット交換) Malossi”X” ケブラーベルト レースで培われた耐久性を誇る。標準型より0.5㎜幅が狭く、若干加速力が向上する。 (出力は変わらず) 耐熱や強度の耐久性に優れ、ベルトの摩擦を最小限に抑えます。 チューン・マシーンにお勧め!! 標準ベルトよりも約1㎜幅が狭いので、若干加速力が向上。反面2~3㎞/h程最高速が落ちる場合があります。 スーパードライブフェイス Type”X” KITACO社製。 マフラーチューン以上の車両に現れるスタート時のモタツキを軽減。 チューン車両には必需品。 優れた形状のフィンにより冷却効果が上がり、CVTベルトに与える熱などの負荷を抑えた優れ物。 チャンバー変更によるパワーアップの際、先のDEYTONAプーリーとセットで装着したいのがこのプーリーフェース。 KITACOとDEYTONAをセットにするなんて無謀、とお考えの貴方!! X-kartへ装着した場合のその違いは驚くほど。まず段違いの低速性能に目を見張ります。 各種スパークプラグ (NGKイリジウム等)一般的にイリジウムプラグは出力、トルク、及び燃費が3%程向上すると言われております。 特にチューン車両にとって、僅かとはいえ、この差は見逃せません。 ノーマルか、チューンエンジンかで形式が異なります。 容量増バッテリー (GSユアサ日本製有) 50%容量増。標準はYTX5Lだが、YTX7Lに大型化。 セルスタート時のバッテリー切れの心配が軽減される。 Leo Vince “Touring” イタリア製スポーツチャンバー、約6.0hpsへ向上。        ノーマルと排気音量は変わらず、最高速約75~80㎞/hスポーツ・チャンバー (要キャブ&クラッチチューン) 優れた効率性によりエンジン回転を上げパワーアップを図ると共に、騒音対策にも一石を投じ、ウルサくないスポーツ・チャンバー。ノーマルマフラーと変わらない音量。6.800rpmの標準マフラーに対して約8.500rpmまでの回転領域を得られる。多少とはいえトルクもアップし、加速時や登坂路などでの速度底上げにはピッタリ。 嫌みのないデザイン、高性能な割には排気音が気にならない。 やはり持っている性能を引き出すにはキャブ・チューンと駆動系(クラッチ&ウエイトローラー)のチューンは欠かせない。 弊社ではエンジンの寿命を縮めない様、多少濃い目にセッティング。 最高速も約80㎞/hと、30%もの速度向上(約5.5hps)が得られる。 Leo Vince “Hand Made ZX-R” パワーレーシング・チャンバー 公道用レーシング粕チャンバー。ノーマルエンジンから7.4hpsを叩き出す。 またレーシングエンジンチューンにも難なく対応。 最高速90㎞/h+。               (要キャブ&クラッチチューン) これぞまさしくキング・オブ・ユーロチャンバー!! “ZX”シリーズの最高峰、”ZX-R(レーシング)”です。 データ(”tuning”右欄中程)をみてもわかる通り、ノーマル粕ZXよりもパワーがあり、トルクと共により高回転型へとシフトしております。 加速の伸びが良く、特に登坂路での性能に違いが現れます。 Yasuni “Z” ワイドレンジ・チャンバー スペイン製、同”R”の弟分。 速度よりも乗りやすさを追求。トルク域は広い。最高速約80km/h                        (要キャブ&クラッチチューン) 同じスペイン製 YASUNI “R”の弟分だが、出力&トルクとともに謙遜の無い性能を誇る。 出力の上がり方は、他のユーロ・チャンバーと同等であるが、最高出力を得た後の下がり方は”R”と同じくなだらかだ。”R”との差は、同じ出力カーブが全体的に低い回転にシフトしている事。街中での乗りやすさはこちらの方が上ではないだろうか。最高速はノーマル・エンジンで約80km/h、チューンエンジンで85〜90km/hとなる。 Yasuni “R” ワイドレンジ・スペシャル スペイン製 抜群の乗り易さを誇る逸品。 出力こそ”ZX”系に後れを取り6.8hpsだが、実用パワー&トルク域は広い。 最高速約85㎞/h。                        (要キャブ&クラッチチューン) この”R”はまさに勝つ為の同社チャンバーと同じ線上にあるデチューン番。耐久性を重視し、パワーとトルクバランスに優れた逸品だ。ピーキーになりがちな高回転型マフラーではあるが、”ZX”系とは比べ物にならないトルクバンドの広さが特徴。 “R”は最も乗りやすさを追求した「オン・ロード」レーシングチャンバーなのだ。 キャブ&クラッチ、WRチューン チューンアップ時に必要不可欠。 交換調整は各ジェット類、エアークリーナー加工、クラッチ&センタースプリング、ウェイトローラー(WR)、走行試験等。

ミディアムチューンは、主にチャンバーマフラーを社外品に交換、高回転を得られる事で馬力を上げ、郊外の幹線道路等、比較的早い速度の交通状況に対応出来る、ツーリング用チューンです。

基本となるマフラーはイタリア及びスペイン製で5種類。 静かで大人し目や、トップパワーを狙ったもの、又はパワー&トルクアップが両立しているものなど、ニーズに合わせた高性能品をご用意。

他に、ケブラー製CVTベルト、イリジウム・プラグや容量増バッテリー等、ロング・ツーリングにも安心出来るチューンパーツもあります。

弊社では全ての部品についてテストを行い、しっかりした結果が得られたオプションパーツを提供させて頂いておりますのでご安心を!!

ピリッと効いた小粒のX-Kartを是非!!

 


フルチューンナップ

最大出力を引き出しながらも、耐久性にも自信あり。

ストリートからレーシング・チューンまで。 これが本当のX-Kartの姿だ!?

淡路島Go!カート:Xカート(公道用ゴーカート)フルチューンナップ Kitaco 高圧縮Egn ”Kitaco Hi Comp Cylinder Kit (Al Piston)” キタコ “43mmシリンダーキット(アルミピストン) 日本が誇るアフターマーケット用パーツメーカーキタコ社。 レース用をデチューンし、日常走行や長距離高速走行も可能な優れもの。 圧縮比や放熱性を上げ、出力/トルク共に向上。 要エンジンカバー等加工、ビッグキャブ交換推奨。 天候によりキャブの微調整が必要。 Malossi Φ47 Egn”Malossi Al. Head & Cast Cyl. Kit 68.1cc” ビッグボアの云わばレース用だが、太いトルクによる扱い易さはむしろ公道走行に適している。 100ccクラス4スト・スクーターと同等の実力。 アルミヘッド、68.1cc。 要エンジンカバー等加工の他、ビッグキャブへの交換を推奨。 メンテフリーに近い逸品。 遊びから本気へ! 選択されるチャンバーによっては100km/h超へ! Malossi Φ19 Carb”Malossi PHBG Φ19 Carburator”  X-kart標準キャブと比べ20%大型のビッグキャブ。 チョークこそ手動になるが、精巧な作りはまるで機械式の時計。 要ケーブル類加工&作成の他、MJ、SJ交換、イン・マニ加工、エアーフィルターボックス加工、走行試験、調整等が必要。 センタースプリングと 強化クラッチスプリング KN 軽量クラッチ 大型空冷ファン ノーマル空冷ファン 他必要装備部品大型空冷ファン、センタースプリング等 万が一のオーバーヒート対策として、エンジン/キャブ・チューンを施した車両に欧州仕様車100cc用の大型空冷ファンへ換装し、冷却効果を高める。 また、クラッチがベルトを挟む強度を上げるためのセンタースプリングへの換装、回転が上がりエンジンパワーが十分になったところでクラッチをつなぐ強化クラッチスプリングへの交換、シフトアップ時期を決めるWRの適正なものへの変更を行う。

「ストレスなくドライブしたい。 鋭く加速し坂道も減速しないで、スポーティにマシンを駆りたい。」

マフラー等のチューンでは馬力は上がるが、トルクはさほど向上しません。 登坂の速度維持や交通の先頭に立つ能力に不足感が否めないのは事実…

試しに「レース用」として 68ccボアアップキット + 16Φ → 19Φ ビッグキャブへ交換、ジェット類、フィルター、ウェイトローラー、クラッチ&センタースプリング、プラグなども変更し、マフラーもチャンバーに交換。 結果は、比べ物にならないトルク感!! 100ccスクーターに負けない程の加速力を得て、100km/hの大台もクリア!!

 


ドレスアップオプション

X-Kartには2つの楽しさがあります。 走る楽しさ (当たり前!) と魅せる楽しさ。 小さなX-Kartだからこそ、アイデアと努力次第では本当に「世界で唯一」の車が現実的な予算と時間で貴方の手の中に!!

弊社ではよりスパルタンなルックス、より高級感を醸し出す社外品、そして走る事だけでなく実用的な品々を装備/販売しております。

淡路島GO!カート オリジナルブランド 2本だし! ワンオフマフラー

淡路島GO!カート オリジナルブランド 2本だし! ワンオフマフラー

淡路島Go!カート:Xカート(公道用ゴーカート)ドレスアップ

「誰もが持っていない車に乗ってみたい」

せっかく高額なエアロパーツを纏った愛車の隣に、全く同じ格好をした車が… 気まずい雰囲気になられた方も多いのではないかと思います。 オリジナルボディなんて所詮、高嶺の花。 誰もが振り返る、世界でたった一台の車。 車好きなら一度はそんな夢を思い浮かべるのではないでしょうか。

X-Kartは、その夢を叶える事が出来ます!! 普通乗用車に比べればそれこそ10分の1、いや20分の1の低予算でもカッコ良い車に仕立てる事が可能です!

 

0799-75-2733awaji_X-kart