トップ

 

公道を走れるナンバー付きゴーカートX-kart

X-カートは公道を走れるゴーカートです。 法で定められている ライトやウインカー等の保安部品が標準装備されていて、ナンバー交付・公道走行を前提としたまぎれもない「車」です。 一般道路の速度制限も最大60km/hと、普通乗用車と変わりありません。 小さな車体に無限の楽しさを秘めたX-カート!まずはレンタルでその感触を確かめて下さい! 淡路島Go!カート(淡路島ゴーカート)ではXカートの販売はもちろんの事、レンタル車もご用意しております。 レンタル車は基本的にノーマルな街乗り仕様でパワーが控えめである為、初心者の方や女性の方でも安心してお乗り頂けます。   もっと、パワフルに、もっとスポーティーに乗りたいという方は、是非ご購入下さい。 車検も必要ありません! 維持費としては、原付バイクが一台増えた・・・という感じです。 そして、Xカートを購入する際に何より楽しみなのが チューンナップドレスアップです。 お気軽に弊社スタッフにご相談下さい。 世界に一台しかないあなただけのXカートを作り上げるお手伝いをさせて頂きます。


ミニカー登録ですぐに乗れる! マイクロスポーツ X-Kart!!

■X-Kart は普通免許で運転できる「乗用車 (ミニカー)」です! 淡路島Go!カート:Xカート(公道用ゴーカート)赤 リアルマリオカートでお馴染みのXカートが淡路島にやって来た! 淡路島一周150kmをゴーカートで縦横無尽に走ろう!


 

X-Kart 50 標準仕様 概要

■X-Kart 50 2013年モデル (Standard Motor Corp. [SMC社] 台湾製) JOG系エンジンを搭載したX-Kartは、耐久性において日本製と比べても遜色のない車だ。 武骨な形だが、エンジンの他、タイヤ、バッテリー、キャブレター等、現地日本企業が生産した部品を装備しており、品質的に未だ疑問視される某国製とは比べ物にならない。 台湾製ではあるが、生まれはモータースポーツの中心ヨーロッパ。 往年のGP選手権の覇者であるドイツ・クライドラー社(現在はオランダ企業の子会社)で設計された。 自社での製造が叶わなかったク社だが、その設計内容は作り手の良心を十分に感じる車両となっている。 グランプリマシンの血が流れるX-Kart。 まずはレンタルで、真偽のほどをお確かめあれ ! 淡路島Go!カート:Xカート(公道用ゴーカート)黒   リアルマリオカートでお馴染みのXカートが淡路島にやって来た! 淡路島一周150kmをゴーカートで縦横無尽に走ろう! 前後左右にバンパー装備し、一般車両と同じ条件ならば横転などもしない(砂利道、林道等でテスト済)。 ヘルメットをかぶれば間違いなくバイクより安全!!  ペダルは右足アクセル、左足ブレーキ。 写真のエアロパーツはもちろん標準装備。 淡路島Go!カート:Xカート(公道用ゴーカート)基本仕様

淡路島Go!カート:Xカート黒

色:ブラック

淡路島Go!カート:色:レッド

色:レッド

車体色は「黒」及び「赤」選択可能 (ミラーやウインカー等の形状は写真と異なる場合有) 。


 

「ミニカー」登録について

 「ミニカー」とは基本的に、エンジン50cc未満を搭載し、ライト等の保安部品を装備、定員1名、車検不要、保管場所登録不要の「普通車」の事を指します。一般道は普通車と同じ速度と規制が適用され、ヘルメット着用義務はありません。

■ナンバー登録

 ナンバーは市区町村役所の税務課、課税担当窓口で申請交付します(市税事務所等の場合もあり)。 5~10分程で交付となりますが、自治体によっては車の写真など求められる場合が有ります。 電話等で確認を取った方が良いでしょう。 X-Kart申請時には基本的に次のものを用意して下さい。

 1) 印鑑 (シャチハタ不可)

 2) 免許証等 (本人確認及び住民登録確認の為)

 3) 販売証明書 (販売店がお渡しします)

 4) 標識交付申請書 (弊社でもご用意しております)

 5) X-Kart (FL-50型) オーナーズマニュアル

法人の場合は、

 1) 会社角印 (登録されているもの)

 2) 名称/所在地確認できるもの [登記簿謄本又は

   消印入りの郵便物 (3ヶ月以内の物に限る)]

 3) 販売証明書

 4) 標識交付申請書

 5) X-Kart (FL-50型) オーナーズマニュアル

念のために!(役所へ申請される前に)

 ミニカー登録は各市町村役場の手続きに若干の違いがありますので念のため登録する地域の役所に電話などで伺って下さい。 特にX-Kartは殆んどの役所で知られておりません。 オーナーズマニュアルも持って行き、この様な車両だ、と提示された方がスムーズに申請が行えるでしょう。

 また自治体では後輪内側の幅が50cm以上離れている事を示す資料を「お願い」する場合があります。 下図2枚の写真はX-Kartの左右の車輪の距離が80cm以上離れている証拠写真です。

淡路島Go!カート:巻尺で測ると83cm

巻尺で測ると83cm

淡路島Go!カート:軽乗用車と比較

軽乗用車と比較

■諸経費 ナンバー交付後は自賠責に加入は義務です。 役所によってはその場で加入できますが、コンビニや郵便局等でもすぐに加入できます。 年8,000円~5年18,000円程。 また、任意保険は本人/家族が乗用車を所有していれば、ファミリー特約にも加入できます (1,000円~)。 但し、ご自身の怪我等適用外なので、個別に加入された方が良いでしょう。 年20,000円程から。 税金は年2,500円。 毎年4月1日時点で課税され、5月初旬頃納付書が届きます。 但し、平成27年度からは3,700円程に値上がりするようです。 車検もなく、車庫証明も必要ないので、敷地内に止める場所さえあれば問題ありません。 ガソリン、オイルはそれなりにですが、タイヤは長持ちしますし、その他正規部品もお安くご提供しておりますので、安心!! つまり、ほとんどお金がかかりません! また弊社では、万が一の為に購入後6か月間ではありますが、初期トラブルに対する保証として無償部品供給も契約時にお約束しておりますので、さらに安心!! (無改造部分限定) その後は、お客様のお小遣い程度の金額で、サンデー・メカニックとして自分好みのマシンを仕立てあげましょう!!


!cid_8D8C7307-6A4D-4CA3-85C9-2A70314D1042